逆SEOなどネット時代を生きる企業が知っておくべき重要事項

対策すべきこと

企業や名前を明示され、根も葉もない噂を書かれることがあります。それが逆SEOです。乗せられる個人にしてみれば対策をする必要がありました。そこで、SEO対策において中身がないサイトからのリンクなどで評価を上げた悪質な物と判断されるとペナルティとして検索順位が落とされるという所に注目して中身がないサイトを大量に作りそこからリンクを張る事で検索順位を落とすという工作が行われました。また個人名の場合一種の検索妨害として、個人名を使ったブログやコメントなどを大量に生産して特定のサイトに辿りつけさせないという事なども行われます。それらの技術がある程度体系化され逆SEOと呼ばれる物になりました。

初期の頃の逆SEOというのは、検索順位を下げる物が中心でしたが最近では良い情報が書かれているサイトの順位を上げるという工作が行われています。というのも、まず検索サイトのルーチンAiが向上して多少の工作で一時的にごまかされることは有ってもすぐに戻ってしまうという事があります。また最近ではメディアの転載やコピペなどが当たり前になってきており、一つのサイトを落としても他のサイトが上がってしまうと意味が無いという事が判ってきたためです。そこで最近では企業や個人にたいしてポジティブな情報が書かれているサイトを作りそのサイトの検索順位を上げる事で、逆SEOとする企業が増えてきているのですがこれは言ってしまえば一般的なSEOとなんら変わりがないので、今後は逆SEOとSEOが統合されていくと思われます。

Copyright© 2015 逆SEOなどネット時代を生きる企業が知っておくべき重要事項 All Rights Reserved.